任意整理の準備

任意整理の準備

まず、任意整理を行う場合に必要なことは、事前に借金についての調査をしておくこと。

 

債務者本人がこれまで借り入れた金額、返済に充てることのできる収入、身内や親族から借りられるようであれば、それも整理しておくと良いでしょう。さらに以下のことも調査しておきます。

 

@債権者との契約書、領収書、督促状などをそろえる。
これらの書類をもとに、借入金額、借入日時、返済した金額、返済の日時、利息などを明確にし、現時点での債務がどれくらいあるのかを調べます。

 

大体は、これらの書類が全部揃うということは稀ですので、その場合は、債権者に直接問い合わせてみましょう。

 

 

A借金の確定を行う
上記@の調査によって確定した債務額を利息制限法に基づいて再計算をおこない、本当に残っている借金がいくらなのかを確定します。

 

そしてその金額をベースに、具体的な返済方法や返済額などについて債権者と弁護士が話し合いを行い、支払計画を作り上げていきます。

 

 

B身内や親族にも協力してもらう
一括返済ができればそれにこしたことはありませんが、たいていは分割返済となります。
しかし債権者にとっては、その毎月の返済額に納得しない場合も多々あります。その場合は、身内にお金を出してもらうことが必要になる場合もあります。
また、分割返済に応じないケースもありますので、その時は、身内からある程度のまとまった金額を借りる必要も出てきます。

 

 

 

この様にして柔軟な返済案を作成していきます。
返済期間についても、同意が取れない場合もありますが、目途としては3年程度、長くても5年程度が限界と考えておきましょう。

 

こうして出来上がった整理案をベースに、弁護士が債権者と交渉して話をまとめていくのです。