任意整理のポイント

任意整理のポイント

どんな場合にこの任意整理を利用するといいのか

 

親族がある程度のお金を用意できる場合や、返済条件の変更や元本を圧縮することによって、より現実的な借金の返済が出来る見通しが立つ場合は、この任意整理によるのが良いでしょう。

 

借金返済で困っている人の中には、利息制限法が定める利息を超えて返済をしている人も多いので、既に支払っている分を利息制限法の制限内に引き直して計算すると、借金が少なくなる場合も結構あります。

 

債権者から見た場合、最終的には少しでも回収した方が得とか、返済期間が早まることで、返済計画に応じてくれる場合もあります。

 

 

 

弁護士に頼む

 

この任意整理を債務者(借主)が債権者(貸主)に直接交渉を行っても、まず相手にされることはないでしょう。多くの場合は、しかるべき弁護士に依頼した方が、早く解決できる可能性が高まります。

 

ただ、債権者がそう簡単に同意してくれるわけではなく、中には強硬な債権者もいますので、話し合いがまとまらない場合もあります。

 

 

 

弁護士の交渉とは

 

まず、債権者と債務者との過去の取引経過を整理し、債務を確定するところから始まります。
この取引経過の詳細を提出しない業者に対しては、行政庁などに指導を申し入れる場合もあります。

 

他にも、みなし弁済規定の主張や期限の利益損失などの主張を相手にさせないように交渉を行います。

 

さらに、弁護士の介入によっても悪質な取り立てを続ける業者に対して、行政処分や刑事訴訟を行う場合もあります。