任意整理の概要

任意整理の概要について

裁判所や法的な手続きを利用しないで債務者(借主)が債権者(貸主)と直接交渉を行い、利息のカットや返済方法の組み直しなどを交渉して合意案をまとめ、それに従って返済を行い借金を整理していく方法が「任意整理」です。

 

債務者個人が、直接債権者と交渉を行う事も不可能ではありませんが、まず相手にされることは殆どないでしょう。

 

この任意整理の場合、普通は弁護士に依頼して債務者に代わって債権者と交渉してもらいます。
弁護士に依頼することによって、今まで苦痛だったうるさい取立ても止まります。

 

借金も利息制限法の制限内に計算し直され、借金が減額されるという点においては、「特定調停」とほぼ同じですが、特定調停と比べてこの任意整理のメリットは、スピーディに話し合いで決着がつくことが多いというところです。

 

現在では、自己破産を除いて借金整理の方法としては、この任意整理が一番多く利用されています。

 

上記の通りこの任意整理は、債権者と債務者が話し合いを通して双方が折り合いを付けられる返済方法を見つけ出すものです。

 

この方法は、債権者に借金をまけてもらうか、返済条件を変更してもらう交渉を行うもので、債権者の協力が必要になりますし、複数の債権者から借金をしている場合は、この複数の債権者と交渉する必要があります。